矢尾板克則 さんのポットとカップ

9月 23, 2013 § コメントする

IMG_3745お天気に恵まれた三連休でしたね。貴重な休日、ポットとカップ展にお越しいただきました方に心より御礼申し上げます。お出かけされていた方は、日曜まで無休で営業中なので、まだ間に合いますよ。

IMG_3746

今回は新潟県長岡市で作陶されている矢尾板克則 さんのご紹介。まるでパステル画のような作品は、乾燥前の素地にいくつもの色化粧土を乾かしながらマスキングや、針でひっかいて塗り重ねて作られています。

IMG_3735

“矢尾板ワールド”とも呼ばれる独自の世界観は、ふたつとして同じもののない個性があり、毎日手にするだけでワクワクした気持ちになりそう。狭い店内にあふれるほどの作品のなかでもその存在感はひときわです。

IMG_3744

ころんとしたフォルムのポット(15750円)や、手のひらにすっぽりと収まる全方位形の完璧なフォルムの急須(各14700円)は、まるでオブジェのよう。

IMG_3743

フリーカップとしても活躍するそばちょこ(3150円)や、片口(4200円)も二つとして同じ絵柄がなくバリエーション豊か。マグカップは持ち手が太形と細形の2種ありますが(各4200円)、意外と太い持ち手が手になじみよくおすすめですよ。

IMG_3742

手触りのよい質感も魅力で、現代アートのを思わせる抽象的な絵がアクセントになっています。表情豊かな作品を、ぜひ手に取っていただければ幸いです。

IMG_3741

 

今週は明日24日(火)、25日(木)、26日(金)のみスノウドロップのランチ営業いたします。明日からの週替わりランチは冬瓜の牛もつのクッパ/オクラの茶碗蒸し/ナス南蛮/かぼちゃのナムルです。

カレンダー9

広告

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

copse で「矢尾板克則 さんのポットとカップ」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。