暮らす着物

6月 28, 2013 § コメントする

IMG_1959来月4日からはバール展。ガラス作家の作品をはじめ、自然派ワインや地ビールをご紹介するイベントがはじまります。会期に先立ちバール展にも参加してくださるガラス作家の岩崎恭子さんが先日ご来店。一足はやく帯留めを届けてくださいました。そういえば、岩崎さんが初めてご来店くださったとき木綿をさりげなく着こなす姿にハッとさせられましたが、着物を着る人だけに帯留めも素敵(各4000円)。来月届く作品も楽しみです!

IMG_1945

先日、コーディネート写真をアップしたら「イメージしやすくて良かった〜」という感想を何人かの方からいただきましたので、その気になって続編をアップ。

IMG_1955

真夏は麻が一番ですが、もう少し幅広く着こなしたいという方には、綿麻の着物がおすすめ。

IMG_1952

右の格子柄に絣が入った着物は仕立て上がりで1万2800円と超お買い得!しかも通好みのシックな色合いで、幅広くコーディネートが楽しめます。左は今回到着の伊勢木綿から、グリーンの縞柄をセレクト。ベージュ×グリーンの縞の伊勢木綿(1万8900円)にファブリック風の帯(1万2000円)で洋服感覚で着こなします。夏は暑いから着物は着ない、という人もいるようですが、素材感を楽しめるのが夏着物の魅力。。

IMG_1950

白地に紺の縞柄の小千谷縮(5万400円)は、どんな帯も素敵に映える美人着物。どんな帯でも合うからつまらない……とも思うのですが、更紗風の半幅帯(1万4800円)を合わせると、なんともお洒落! こんな引き算の着こなしに憧れますね。右はグリーンの縞柄のさわやかな小千谷(5万400円)にクローバー柄を染め抜いた半幅帯(1万4800円)を合わせて。ちょっとぼかし風の縞がさわやかで、日傘をさして歩いて欲しい一枚です。IMG_1960足元のお洒落を楽しんでいただけるよきもの倶楽部の足袋も種類とサイズが揃っています。

いよいよ30日(日曜)まで、普段着物って!?という方、新しい着物の魅力をぜひ見つけてください。

広告

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

copse で「暮らす着物」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。