夏休みは「こども民宿」へ

6月 27, 2013 § コメントする

民宿来週はもう7月……夏休みの予定は決まりましたか?今日は和歌山•熊野の山奥の夏限定「こども民宿」のご案内。主宰されているのは、フードコーディネーターでありネットショップを運営されているLittle feve小野かずみさん。震災以降、夏を過ごす場所として選ばれたのが、ご実家の福島から遠く離れた和歌山の山奥•熊野。囲炉裏のある古民家で、夏限定の民宿をされています。11年夏から始められたこの活動に、個人的に興味津々。なにせ、人よりイノシシとシカやサルのほうが多い過疎地になんでわざわざと思いましたが、昨年も首都圏からたくさん来られたそう。朝は農作業からはじまり、かまどで焚いたゴハンをいただき、川で泳いで、蚊帳のなかで眠る……そんな昔ながらの生活ができるのは、手つかずの自然を満喫できるこんな環境だからこそ。IMG_1936
子どもたちにとっても貴重な体験となることでしょう。今日、わざわざチラシを持って小野さんと、5歳のセイジくんがcopseまできてくださいました。セイジくんは2ケ月近く、一緒に滞在して民宿の仕事も手伝うというからエライですね。飛行機、新幹線、夜行バスなどいくつかアクセスありますが、地元でレンタカーを借りて回るのがおすすめです。ご興味ある方、夏休みの予定はまだ決まってないという方、ぜひ、アクセスしてみてください! 予約状況はコチラ→ 眺めているだけで行きたくなるチラシもたくさんお預かりしています。

広告

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

copse で「夏休みは「こども民宿」へ」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。