増田 勉さんの器@「『野菜のポタージュ』の器展

2月 7, 2013 § コメントする

IMG_2769以前から使わせていただいた増田勉さんの器。控えめですが使うほどにしっくりなじむ風合いがよく、とくにマットな黒釉の器が気に入ってます。99_phポタージュ展でも黒釉の五寸鉢が登場。今回の企画展でも平皿からボウル、鉢物、湯のみなど黒釉の作品をたくさん送っていただきました。黒といっても土や釉薬で表情がさまざまですが、どれも料理が映えそうで、使いやすいサイズ感も絶妙です。

IMG_1141

IMG_1138もともと油絵を専攻し美術の教員としてお仕事をする傍ら、朝鮮の古い器に魅せられ作陶しながら両立生活をされたという経歴の持ち主。50歳を機に退職され、陶芸家として本格的に活動を開始されました。

IMG_2759

昨年、藤野の工房におじゃましましたが、広々とした元倉庫に整然と作品が並ぶ様子はショールームと見まがうほど。

IMG_2774

釉薬もみずからつくり、大きな窯で焼き上げていますが、年齢を重ねても試行錯誤を繰り返しながらご自分のものづくりを追求されている姿が印象的でした。

IMG_2781黒釉も素敵ですが、粉引や石皿もすばらしく、どれも簡素でやさしいぬくもりにあふれています。今回は耐熱器も送っていただきました。2〜3人用の黒い土鍋(直径20×高さ8㎝)9450円、野菜をたっぷり煮込みたくなるスープポット(直径22×高さ15㎝)15750円。まだまだ寒い日々に活躍しそうです

広告

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

copse で「増田 勉さんの器@「『野菜のポタージュ』の器展」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。