古道具の陰影

11月 18, 2012 § コメントする

中坊優香展もいよいよ今日まで。古道具のことを紹介したいと思いながら、気付けば最終日になってしまいました。今回、今までにない会場構成ができたのは、ひとえにロータス•ブルーの渋谷優子さんのおかげです。

道具や骨董をご紹介してくださるだけでなく、

店内のコーディネートを全面的にお願いすることで本当に素敵な企画展になりました。

企画展のときはいつもご紹介している器や洋服はしまって、がらりとディスプレイを変えますが、そうはいっても限られたストックにしまいきれなかったりして、空いているところに籠を吊り下げようかな〜、あ、棚の上に鍋を並べておこうかな〜など、いつものものを出しておきたくなるのですが、渋谷さんに「やめたほうがいいんじゃないでしょうか」とやんわり却下。

潔い決断から美しい空間は生まれるんですね。アメリカの大きなオーバルの鍋、フランスの古びた小さなスプーン、フランスのチョコレートを溶かすための円錐型のケトル……そんな品々が現代の器と見事に調和したこの空間で、まだしばらく過ごしたいと思わずにいられません。

広告

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

copse で「古道具の陰影」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。