絶品!重ね煮

10月 4, 2012 § コメントする

お茶碗展の連動企画「重ね煮でつくる一汁一菜」のワークショップを行ないました。「重ね煮でつくるとダシを取らなくても、びっくりするくらいおいしくできるよ〜」と聞いていたので興味津々。講師は、自身の出産の際、産院でこの重ね煮に出会って野菜のおいしさに開眼したという上野麻子さんです。共同保育所ごたごた荘の料理人としてご活躍ですが、日々の食事も、手軽においしく野菜がたくさん食べられる重ね煮でつくっているのだそうです。陰性のものから陽性のものと順番に重ねてわずかな水で煮るだけで、鍋のなかで対流がおき、陰陽のバランスが取れたおいしい料理に仕上がるという重ね煮。まずはスープ。キャベツやトマト、玉ねぎを下に、ごぼうやニンジン、れんこんと、皮を剥かずどんどん切って鍋に重ねます。最後に押し麦と味噌を入れるのですが、いつもなら硬くて火が通りにくい野菜から順番に炒めていたことを思うと、真逆。しかも味噌まで一緒に入れて火にかけるので、一度蓋をしめればおしまいです。次にかぼちゃのサラダ。これもかぼちゃに玉ねぎとニンジンを入れて重ね煮で。玉ねぎってよ〜く炒めたりしなくて大丈夫!?と半信半疑でしたが、時間をかけずともやわらかく、甘くできるんですね。クミンで炒めたごぼうの炊き込みご飯は、エスニックな大人の味わいで新鮮。どれもカンタンにしてシンプルな料理ばかりでしたが、わずかな調味料でコクのある味わいに仕上がることに驚きました。日曜カフェでもさっそく応用したいと思います! 上野さん、ありがとうございました!

広告

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

copse で「絶品!重ね煮」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。