バール展を彩る小物たち

7月 7, 2012 § コメントする

今週からスタートしたバール展を盛り上げるのが、染め物やフレグランスキャンドルといった小物です。今回、始めておつきあいさせていただくjacoさんは、うら若きお二人のユニット。写真は展示に先立って、来店してくださったときのもので、色鮮やかな筒描き染めを手法とする鳥田さん、柿渋染めの松井さんが、それぞれ自作した浴衣を素敵に着こなしていらっしゃる姿に眼が釘付けに。制作されている柿渋のあずま袋、色鮮やかなコースター、まるで革のような風合いの柿渋のテーブルマットなど、対照的な色彩がそれぞれの風合いを引き立てます。

伝統の技と意匠を大切に、現在の感性で手ぬぐいをつくるあひろ屋さんの、手ぬぐい地の扇子も素敵。あひろ屋さんの作品には、可愛らしさのなかに品格があって夏になるたび新作が楽しみです。そして、handmade candle lifart..の、ミルクジャムのようなフレグランスキャンドル。大豆とパーム原料でできた植物素材100%で、クリアな香りとゆっくりと明るい炎が特徴です。長野県木曽で作られている天然ヒノキ精油を使って森をイメージした写真のkodamaをはじめ、レモン•オレンジ•ライムなどのミックスシトラスや、カモミールなどどれも、ギフトとしても喜ばれそう。

はじめての夜営業をする今夜、点灯する予定です。今日はスノウドロップさんが昼〜夜までおいしいご飯を用意してくれます。「青梅と豚肉のイエローカレー」700円、甘酒漬けの鶏ハム500円、ナンプラー唐揚げ600円、ビシソワーズ200円など、盛りだくさん!日曜は夏野菜のフリット、トマトの詰め物煮やキャベツとじゃこのパスタ、豆のサラダなどイタリアンなメニューを用意。お楽しみに!

広告

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

copse で「バール展を彩る小物たち」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。