うつわのチカラ

6月 27, 2011 § コメントする

日曜カフェのランチは、伊藤さんの器に稲庭うどんをメインに、イブリガッコの巻物、とんぶりを合えた“ふわっ豆”の豆腐、ミズとイカの炊き合わせ、野菜の天ぷら。器を手にした瞬間から、思わずほれぼれと見とれた大鉢は、うどんとじゅんさいを盛り付けると一層美しい。つくづく、器は料理を盛り付けて完成するのと教えられました。器がいいと、手の込んだ料理をする必要がない。食材も同じく、素材が良ければ必要以上に手をかけずとも十分魅力を堪能できる。いつもあれこれ目新しい料理を作ることばかりを考えていましたが、“素”のチカラを再認識させられました。 来週はこの器で冷製パスタ風の稲庭うどんを作ってみようと思います。気泡の美しいこの器には赤が似合う気がします。

広告

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

これは何 ?

copse で「うつわのチカラ」を表示中です。

メタ情報

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。